M5StickCでできること 〜Wi-Fiでデータ送信できる時間間隔

M5StickCはWi-Fi通信機能を内蔵しており、センサで採取したデータなどを、Wi-Fi経由でWebサーバに送信することができます。

今回は、このWi-Fi通信機能を使って、どのぐらいの時間間隔で、M5StickCからWebサーバにデータを送信できるか確認してみました。

Arduino IDEの「ファイル」>「スケッチ例」>「WiFi」>「WiFiClient」を元にして少しだけ編集し、以下のようなスケッチをつくりました。
Wi-Fiでデータ送信するたびにカウントアップし、1分間に何回データを送信したかをシリアルモニタに表示するものです(受信する側のWebサーバには、受信データをデータベースに保存するPHPプログラムを置いています)。

#include <M5StickC.h>
#include <WiFi.h>

const char* ssid     = "XXXXXXXX";
const char* password = "XXXXXXXX";
const char* host     = "XXXXXXXX";
const char* event    = "XXXXXXXX";

unsigned long currentTime;
unsigned long prevTime=0;

void setup() {
  M5.begin();
  Serial.begin(115200);
  delay(10);

  Serial.println();
  Serial.println();
  Serial.print("Connecting to ");
  Serial.println(ssid);

  WiFi.begin(ssid, password);
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
  Serial.println("");
  Serial.println("WiFi connected");
  Serial.println("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());
}

int value = 0;

void loop() {
  Serial.print("connecting to ");
  Serial.println(host);

  WiFiClient client;
  const int httpPort = 80;
  if (!client.connect(host, httpPort)) {
    Serial.println("connection failed");
    return;
  }

  String url = String(event) + "?chipid=M5StickC&val0=" + String(value);
  Serial.print("Requesting URL: ");
  Serial.println(url);

  client.print(String("GET ") + url + " HTTP/1.1\r\n" + "Host: " + host + "\r\n" + "Connection: close\r\n\r\n");
  unsigned long timeout = millis();
  while (client.available() == 0) {
    if (millis() - timeout > 5000) {
      Serial.println(">>> Client Timeout !");
      client.stop();
      return;
    }
  }

  while(client.available()) {
    String line = client.readStringUntil('\r');
    Serial.print(line);
  }

  Serial.println();
  Serial.println("closing connection");

  ++value;

  currentTime=millis();
  if(currentTime-prevTime>=60000) {
    Serial.print("### ");
    Serial.println(value);
    value=0;
    prevTime=currentTime;
  }
}

2種類のWi-Fiルータを使って調査を行った結果は以下のとおりです。

HuaweiのモバイルWi-Fi(通信速度が最大200Kbpsのプラン) 46〜49回/分
Buffaloの据置型Wi-Fiルータ 51〜57回/分

M5StickCの性能というよりも、その他諸々の影響の方が大きいと思いますが、データを1回送信するのに1秒強かかっています。
1秒に1回ぐらいはデータ送信できるかと思っていたのですが、難しそうです。

 

なお、私がM5Stack、M5StickCの使い方を習得するのにあたっては、以下の書籍を参考にさせていただきました。

ごく基本的なところから、かなり複雑なスケッチや、ネットワーク接続など、比較的高度なものまで、つまづかずに読み進めていけるような構成になっており、大変わかりやすい本です。


このサイトで書いている、M5Stackシリーズ(M5Stack、M5StickCなど)に関するブログ記事を、「さとやまノート」という別のブログページに、あらためて整理してまとめました。

他のM5Stackシリーズの記事にも興味のある方は「さとやまノート」をご覧ください。