ソーラー発電システムとM5Cameraを畑に設置する

ソーラー発電でIoTデバイスを常時稼働させるため、以下のソーラー発電セットを購入しました。

また、これらを屋外で使用するため、パネルの架台と、バッテリーなどを収納するケースを作成しました(記事は こちら)。

今回は、これを実際に「畑」に設置してみて、屋外でも常時稼働できることを確認しようと思います。
せっかくなので、一緒にM5Cameraも設置して、風景写真を一定間隔で撮影することにします。

この場所に設置します。

まずは、設置場所の雑草を刈ります。

ここにパネルを設置します。

パネルは真南に向けます。

パネルの傾斜は、緯度と同じにするのが最適なのだそうです。

架台は一応、風で飛ばされないように、ペグで固定しておきます。
隣にもパイプを打ち込み、ケースに入れたM5Cameraを設置し、USBケーブルでつなぎます。

この状態でしばらく置いておき、写真を撮影し続けることができるか確認したいと思います。

追記

2日ほど、写真データがたまったので、タイムラプス動画にしてみました(夜間の写真はスキップしています)。

2020/9/27追記

設置して5日ほどたったので、様子を見に行ってきました。

この間にはかなりの雨も降っていましたが、パネルがずれたりボックスに水が入ったりすることもなく、きちんと稼働していました。
また、この数日はあまり天気もよくありませんでしたが、バッテリーには十分に充電できているようです。

2020/10/18追記

ソーラー発電システムとカメラを設置してから26日が経過しました。

この間、ずっと1分間隔で写真を撮影し続けてきましたが、写真の撮影、撮影したデータのWebサーバへのアップロードともに、特に問題もなく実行できていました。

本日、久しぶりに装置の確認をしましたが、バッテリーは満充電に近い状態で、モバイルWi-FiルータとIoTデバイス程度であれば、このシステムで十分電源を供給できそうな目処がたちました。

ただ、本日の確認の結果、カメラデバイスを収納しているケースの中に水がたまっていることが発覚しました。
プラスチックケースのフタ部分をビニールテープで塞ぐ程度の雑な防水処理を行っていたのですが、それだけではダメだったようです。

そんな訳で、実験は一旦中断し、カメラを取り外して持ち帰ることにしました。


このサイトで書いている、M5Stackシリーズ(M5Stack、M5StickCなど)に関するブログ記事を、「さとやまノート」という別のブログページに、あらためて整理してまとめました。

他のM5Stackシリーズの記事にも興味のある方は「さとやまノート」をご覧ください。